メガネサロントミナガ ロゴ Homeへ戻る

当店イチオシ! lafont(ラフォン)のご紹介

ラフォン ランデヴー画像(タテ)

もともとラフォンは1923年にルイ・ラフォンが開業した眼鏡店『ブティック・ラフォン』でした。この眼鏡店が大きな転機を迎えるのは、ルイの息子フィリップと後に妻となるローランスとの出会いからでした。2人は高校時代に知り合いローランスはテキスタイルデザイナーとして活躍をはじめました。そのデザイン画が後に義父となるルイの眼に留まり、眼鏡のデザインを任されるようになりました。やがてフィリップは店の経営を引き継ぎ2人はめでたく結婚。そしてローランスがデザインする眼鏡はヒットを飛ばし、ついに眼鏡店は眼鏡ブランドとしての道を歩み始めました。そんな夫婦2人3脚のサクセスストーリーが、これまでのラフォンのヒストリーです。ローランスのデザインする眼鏡は色彩感覚が豊かでありサイドビューが見事です。あるときはアセテートを重層的に重ねてインプレッシブな柄を作り出し、あるときは大胆にエッチングを施して造形美を追及し人々を驚かせました。だが2008年ローランスは急死してしまいます。今日ラフォンの新たな歴史を開くのはフィリップとローランスの息子トーマとマチューである。特に偉大な母の後を継ぎデザイナーとして就任したのはトーマでした。トーマはブランドとしてのラフォンを引き継ぎラフォンは新たな道へと歩み始めます。メンズラインでは母の時代よりも力強さを強調し、過去のモデルを現代的な解釈で復刻する『リエディション』シリーズも好評です。新時代のラフォンはこれからも2人の意思を受け継ぎ進化し続けます。

ラフォン秋1

ラフォン 秋2

ラフォン 秋3

秋の新作フレームが続々と入荷してきました!

 

ラフォン 眼鏡

ラフォンのメガネフレーム

ラフォン サングラス

ラフォンのサングラスライン